遅くなりましたが、ローズガンズデイズシーズン2の感想です。

 今回一番熱かったのはVSケイレブ編ですね。ケイレブファミリーVSプリマヴェーラの銃撃戦良かったです! 特にケイレブサイドは熱かったです。やっぱり物語は魅力的な悪役がいてこそ盛り上がる! ミゲルもケイレブいいキャラしてました。
 方法は間違っているかもしれないけど同胞を助けたいと思う熱い想い。全キャラ中、ケイレブが最も好きです。ミゲルも良いキャラしてました。アルフレッドとは違ったクレイジーな奴だけど、ケイレブを心底尊敬してる部分が共感できました。そしてプリマヴェーラを守るため自ら憎まれ役を勝手出たアマンダ。こういう悪役がいると面白いです。
 そして1948年への新章突入。ウェイン出世しすぎだろwwww、成長したなあ。で、新キャラ4人。まだまだヒヨっ子ですが今後の活躍に期待。
 シーズン2はやっぱり前半がメインですね。次回からは新たな抗争が始まるようですがどうなることやら。夏まで気長にまっています。
2013.04.28 Sun l ローズガンズデイズ l コメント (0) トラックバック (0) l top