久々にSSの投稿です。
実はコレ、昨年の5月頃に公式掲示板であった企画なんですよね。
お題を決めて、それに沿ったSSを書くという企画。
そのうちブログにも載せようと思っていたのですが、ずっと忘れていたわけだ。
というわけでようやく公開。お題は『猫』です。











 しとしと、と降り続く雨の中、戦人は通りを歩いていた。普段は賑やかな町の喧騒もかき消され、今は静かに雨音だけが聞こえていた。街を埋め尽くす心地良い雨の音に耳を傾けながら、買い物を終えた戦人は家への帰路へついていた。そんな中、ふと何かの鳴き声が耳に入った。


 みぃ~。


 泣き声を聞いて戦人は足を止める。鳴き声は路地裏から聞こえてきたようだ。戦人は路地裏へと足を進める。


 みぃ~。


 近づくにつれ鳴き声ははっきり聞こえてくる。こんな雨の中、猫を捨てる人間がいるとは……
「可哀想に……」
 戦人は猫の身を案じ路地の裏へと踏み入れた。




















































ヱリカ「みぃ~。拾って下さいなのです☆」




「何やってんのお前!!!?」










『戦人さん家の迷い猫』





2011.03.27 Sun l うみねこ l コメント (0) トラックバック (0) l top