六軒島の花嫁 続きが完成しました
第三話になります 
今回話は豚骨ショウガさんが書きました

それではお楽しみください













ふらり。

「――――――危ない、しっかり立ちたまえ。」

「あ……ご、ごめんなさい………」

この島に降り立った時と同じように、ふらついた夏妃の身体が助け起こされる。いつの間にかこちらに来ていた蔵臼が、間一髪のところで夏妃の右腕を掴み立たせた。

「源次さん、ご苦労だった。厨房に戻って、今夜の晩餐の準備を頼む。」

「はい……蔵臼さま。それでは夏妃さま、失礼致します。」

丁寧に一礼し立ち去る源次。しかし、夏妃は何も声を発することもできず、去ってゆく源次の後ろ姿をただ見送った。そして彼女の全身は小刻みに震えていて……その震えを掴んだ右腕から直接感じ取った蔵臼は、小さく息をついた。
そして。

「………夏妃。
兄弟たちへの紹介は後にしよう。今は少し……休みたまえ。」

そう呟く蔵臼に、夏妃は思わず彼の目をまじまじと覗き込んでしまった。咄嗟に踵を返し、夏妃の視線から逃れる蔵臼。
まだ彼と出会ってから数時間も経っていなかったが……目の前のこの青年が、そんな気遣いをする人間とは思えなかったから。今までのやり取りから考えても、蔵臼のこの言葉は、夏妃にとって完全に予想外だった。

「ありがとう……ございます。でも、お気遣いは無用です。
あなたの兄弟たちは、全員客間で私たちのことを待っているのでしょう? これ以上待たせるわけにはいきません。さあ………行きましょう。」

「………分かった。では、客間に行こう。」

気丈にも微笑を浮かべて、蔵臼の提案を柔らかく退ける夏妃。一時の気まぐれかもしれないが……自分に対し気遣う言葉をくれた蔵臼に対して、ほんの少しだけ好感を持ち始めたのを、彼女自身感じていた。
夏妃の言葉に素直に応じる蔵臼。彼女を従え歩き出そうとして……一度だけ、後ろを振り返る。
その視線は、夏妃に向けられたものではなく―――夏妃を通り越して、先刻彼女が出てきた扉に向けられていた。
右代宮家当主、右代宮金蔵の部屋に。
その視線に気付いた夏妃が蔵臼に声を掛けようとして………何も、言えなくなった。


怒りが。
悲しみが。
喜びが。
恐怖が。
嫉妬が。
羨望が。
愛情が。
―――――――――憎しみが。


すべての感情を綯交ぜにしたような視線が、右代宮金蔵の部屋に。
………否、右代宮金蔵に、向けられていたから。









六軒島の花嫁

第三話 「はじめまして」









2009.11.27 Fri l うみねこ l コメント (0) トラックバック (0) l top